1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

そんな風に見えないかもしれませんが、貝殻のイメージで
タイトなワンピースの裾を切り替えたドレスです。

shell_dress_a.jpg

表地は厚めのベロア、切替の内側は木綿。
切替部分にはキルト芯を入れて、ふくらませました。

shell_dress_b.jpg


後ろ。

shell_dress_c.jpg


こちらは、薄めのクラッシュベロア。
身頃の形は上と同じで、裾の切替の形を変えました。

shell_dress_d.jpg

ベージュの生地を使って、二枚貝の外套膜のように見えればと思ったのですが、
ちょっと違いますね。

shell_dress_e.jpg


後ろ。

shell_dress_f.jpg







続きを読む
スポンサーサイト

カスケード

前が短く、後ろが長いスカートのドレスです。

cascade_a_20170221190804ee6.jpg

身頃の形は、よく使っているスクエアネックの型紙を使い、
スカートの形はサーキュラー(円形)で2枚重ね。
体を通すための穴を中央から前方にずらし、2枚の位置も少しずらして
段々にしました。

cascade_c_201702211908076ab.jpg

生地は、濃色の地に白い毛が植わったベロアで
そのため、表と裏の色が違って見えます。

cascade_b_20170221190805756.jpg

スカートの裾は、ヒラヒラ感を生かすために裁ち切りにしました。

cascade_d_20170221190808138.jpg














縞を重ねる

ホルターネックのワンピースです。

skeleton_border_2_a.jpg

生地は「スケルトンボーダー」という名前の商品です。

skeleton_border_2_b.jpg

スカートの左右を横に延長してマチを作り、前と後ろに折りたたんで
オーバースカートのようにしました。

skeleton_border_2_c.jpg

こういう形に名前があるかどうかはわかりません。

skeleton_border_2_d.jpg



縫製前の平らな状態です。

skeleton_border_2_e.jpg

写真奥側の一番高い山が前中心、真ん中の低い山が脇のマチ、
手前の山が脇~後ろです。


脇のマチを縫い合わせたところです。

skeleton_border_2_f.jpg

この直角に尖った部分を表に返して、
それぞれの角を前と後ろで綴じました。



横縞と縦縞

太い横縞のストレッチ生地で
プリーツをたたんだワンピースです。

skeleton_border_a.jpg

生地の商品名は「スケルトンボーダー」です。

skeleton_border_b.jpg

関連記事
「ジャージーのプリーツ その2」
この中の、アイボリーと同じ型紙です。
スカート丈やプリーツの位置など少し変えています。



こちらの生地の商品名は「スケルトンストライプ」。

skeleton_stripe_a.jpg

ネックラインにギャザーを寄せたパフスリーブのプルオーバーと、
6枚はぎのサーキュラースカートを組み合わせました。

skeleton_stripe_b.jpg



ボーダーとストライプ、どちらもほつれやすく
特にストライプの方は裁断したそばからボロボロほどけてしまうので
サテンなどと同じように、縫製前にほつれ止め処理が必要でした。
線香の火で炙って溶かす方法です。








キュロットスカート その2

やわらかいジャージー生地のキュロット(スカンツ)ワンピースです。
ラウンドネックの胸元に、共布のスヌード(輪っか状の襟巻き)を重ねました。

culottes _skirt_2_a

以前つくったときは、中央にマチをつけて脚ぐりで切り替えましたが
今回はマチなしで、プリーツだけにしました。

culottes _skirt_2_b

前後のプリーツの分量は同じです。


こちらは、同じ形の生地違いです。

culottes _skirt_2_c




関連記事
「キュロットスカート」








次のページ