1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

サテンの振袖

和柄プリントのサテンで、洋裁仕立ての
ツーピース式なんちゃって着物です。

satin_furisode_a.jpg

帯は、雲立涌文様の帯地。
帯揚げ(紫色の部分)は、バイアスに裁ったシルクオーガンジーを
多めにたたんで色を出したもの。
帯締め(水色の部分)は、メタルのニットコードです。

帯結びは文庫系で、羽を2枚重ねにした形です。

satin_furisode_b.jpg

写真を撮り終えた後になって気づいたのですが、
一番上の写真は、衿元がゆるんで変な風に写っていました。

ここで、着崩れの直し方です。

本物の着物と、お人形用に簡略化された着物では構造が違いますが
ゆるんだときに引っ張る箇所は同じです。

kitsuke_a.jpg

kitsuke_b.jpg
成美堂出版『初めての着付けと帯結び』より


こちらのベージュも、上の桜と同じ種類の和柄プリントサテンです。
帯揚げと帯締めも同じ素材を使っています。

satin_furisode_e.jpg

帯結びの形も同じ。

satin_furisode_d.jpg

上の桜は、ピンクの花に対照的な青い帯の組み合わせでしたが、
こちらは、ベージュと金襴で、溶け込む組み合わせです。



この着物の模様が「雲取り」という名前であることは、今回初めて知りました。

satin_furisode_c.jpg

図案化された雲の中に、様々な模様が入っています。
とても綺麗です。








スポンサーサイト

アンブレラ その2


シームレス素体でも、傘みたいに広がったスカートのドレスを。

umbrella2_a.jpg

身頃は7枚はぎ、スカートは25枚はぎです。

umbrella2_c.jpg

表スカートは、縦に細長い台形を25枚つなげて丸く。

umbrella2_e.jpg

裏スカートは1枚です。

umbrella2_d.jpg


これが元の生地です。

umbrella2_b.jpg

この中から、だいたい同じ大きさの水玉の粒がある部分を抜き出して
つなぎました。

















アンブレラ

水玉模様のワンピース。
Vネックの身頃に、8枚はぎの傘みたいなスカートです。

umbrella_a.jpg

スカートの裾は、バイアスに裁ったオーガンジーと
パールのブレードです。

umbrella_b.jpg

こちらは色違い。

umbrella_c.jpg


スカートの中は、カーネーションみたいに
ピンクのチュールで埋めました。

umbrella_d.jpg









そんな風に見えないかもしれませんが、貝殻のイメージで
タイトなワンピースの裾を切り替えたドレスです。

shell_dress_a.jpg

表地は厚めのベロア、切替の内側は木綿。
切替部分にはキルト芯を入れて、ふくらませました。

shell_dress_b.jpg


後ろ。

shell_dress_c.jpg


こちらは、薄めのクラッシュベロア。
身頃の形は上と同じで、裾の切替の形を変えました。

shell_dress_d.jpg

ベージュの生地を使って、二枚貝の外套膜のように見えればと思ったのですが、
ちょっと違いますね。

shell_dress_e.jpg


後ろ。

shell_dress_f.jpg







続きを読む

カスケード

前が短く、後ろが長いスカートのドレスです。

cascade_a_20170221190804ee6.jpg

身頃の形は、よく使っているスクエアネックの型紙を使い、
スカートの形はサーキュラー(円形)で2枚重ね。
体を通すための穴を中央から前方にずらし、2枚の位置も少しずらして
段々にしました。

cascade_c_201702211908076ab.jpg

生地は、濃色の地に白い毛が植わったベロアで
そのため、表と裏の色が違って見えます。

cascade_b_20170221190805756.jpg


スカートの裾は、ヒラヒラ感を生かすために裁ち切りにしました。

cascade_d_20170221190808138.jpg














次のページ

FC2Ad

まとめ