1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

喪服

和装の喪服に初挑戦しました。
同じ素材を使用した、白と黒の2点です。

体の曲線に合わせた、立体的な仕立てのツ-ピース式です。
本物の和服とは、かなり違う構造ですが
全体的に和服のように見えれば、という考えで作りました。

Mourning_kimono_a.jpg

身生地は梨地ジョーゼット。
帯は観世水文様のシャンタンです。

Mourning_kimono_b.jpg

和装の喪服を作るにあたって、一番の難関は「家紋」です。
最終的に、実際に使ったのは
直径3㎜のハトメポンチで抜いた「フロッキーシート」です。
このくらいの大きさが、リアルな比率に近いと思います。


初めのうちは、ちゃんとした家紋を入れるつもりでした。
有名な武将などの家紋は特定のイメージが強いから避けて~
珍しくてカワイイ家紋は面白いけど身分や職業が限定されるから避けて~
いっそシンプルで家紋に見えそうなデザインを自分で考える?→大抵すでに実在する
じゃあレンタル喪服に多い「桐」にしようかな?
…など延々悩んだ挙句に「下り藤」の家紋をアイロンプリントで作ってもらったのですが
小さすぎて、きれいに貼れず、断念しました。

Mourning_kimono_f.jpg

これは直径5㎜程度です。
なぜ下り藤かと申しますと、わたくしkisakinoの家紋だからです。
それっぽいのなら何でもいい、くらいに最初は考えましたが
いろいろ見ていくうち、どの家紋にも由来や意味があると知り、
適当に決めることができなくなり、思考停止した着地点がここでした。

結局は使えなかったのですから、徒労だったわけですが
家紋を調べている時間はそれなりに楽しかったのです。


白い方は紋なしです。

Mourning_kimono_c.jpg

数珠は、プラビーズと、アジアンコードをほぐして作ったタッセルです。
この数珠がまた厄介で、今まで知らなかったのですが、
宗派によって違うらしいのです。
でも、各宗派の数珠を見比べてもルールがイマイチわからず
結局、宗派に関係なく使える「略式」に落ち着きました。


帯結びは「一重太鼓」です。

Mourning_kimono_d.jpg

喪服の帯は一重太鼓だった記憶がありましたが、作ってから不安になり
あとで調べたところ、やはり一重太鼓で正解でした。
二重太鼓は「不幸が重なる」ということでNGなんですね。


クラッチバッグはモアレ柄ジャガードです。

Mourning_kimono_e.jpg

以前つくった型紙をそのまま使いました。

関連記事
「過去のバッグ画像」
この記事の一番上にあるピンクのバッグがそれです。





スポンサーサイト

サマーニット

やわらかくて薄いニット生地を使って
ワンピースを作りました。

summer_knit_a.jpg

材料は人間用のアームカバーです。
夏向けに、日焼け対策として売っているあれです。

summer_knit_b.jpg

袖口と裾は、アームカバーの端を有効利用しました。


今回は、ちょうど1年前に作った型紙を、再び使いました。

関連記事
「ギャザーを挟む」

クラゲとウミウシ

黒地にシマシマのニットで、マーメイドラインのドレス。
裾に、ジョーゼットのフレアを足しました。

Invertebrates_a.jpg

ウミウシのイメージだったのですが、特に何ウミウシということはなく、
後で図鑑をあたりましたが、同じカラーリングのウミウシは見当たりませんでした
(黒地にシマシマだけなら何種類かいました)。

Invertebrates_b.jpg

裾のフレアは、3.5㎝幅くらいのドーナツ型を表裏3枚ずつ切り抜いて
輪の一か所を切って、3枚をつないで大きな輪にして、表と裏を中表に合わせて
外側を縫い、表に返してスカートにつけました。

Invertebrates_c.jpg


身生地は紳士ものの靴下です。1,5足ぶん使いました。
切り開いて前身頃に1枚、後ろ身頃に1枚ずつです。

Invertebrates_d.jpg



こちらは「キタユウレイクラゲ」のイメージで
バルーンスカートから長いフリンジを提げました。

Invertebrates_e.jpg

フリンジは既製品そのままです。
長いので、最初は切り揃えるつもりでいましたが
先端を遊ばせておいた方が面白いかと思い、切らないことにしました。

Invertebrates_f.jpg

フリンジだけだと、割れて脚が見えすぎてしまうので
同色のレースをランダムに切って、裏側に並べています。
レースの種類は不明です。


スカートの形は、台形の上にサーキュラーを重ね、裾にギャザーを寄せて
中表に合わせたバルーンスカートです。
裏スカートの台形は透明度の低いオーガンジーを、
表スカートのサーキュラーには、透明度の高いオーガンジーを使い、
中にラッセルレースを2段入れました。

Invertebrates_g.jpg

バルーンスカートは、以前つくった型紙をそのまま使いました。
そのときの写真を探して見つからなかったので、形は同じでないものの
構造がほぼ同じスカートが
こちらです↓

関連記事
「バルーンスカート」

参考にしたクラゲの写真は、こちら。
ミライノシテン 「新種発見!?空飛ぶクラゲ。」








ギンガムチェック3種

柄の大きなギンガムチェックのフレアスカート。
バイアス裁ち4枚はぎです。

Gingham_check_a.jpg

共布の飾りベルトは縫いつけてあり、外れません。

Gingham_check_b.jpg



柄の細かいギンガムチェックで、開襟シャツカラーのワンピース。

Gingham_check_c.jpg

スナップは身頃側だけにつけて、スカート側は全開です。

Gingham_check_d.jpg

柄の大きさの異なる2種類のギンガムチェックは、ともに
定番商品の一般的なギンガムチェックよりも織りの糸が細く
きめ細かな質感の薄地です。
ハギレとして入手したため、詳細は不明です。



ファイセン素体には、既製品のフリルでビキニの水着。

Gingham_check_e.jpg

ブラジャー、ショーツともに
白いストレッチ生地に、ゴム入りのフリルを
ジグザグミシンでつけています。

Gingham_check_f.jpg

アクセントとして、同色のサテンリボンで飾りを。

Gingham_check_g.jpg


このフリルは以前にも使ったことがありました。
HOT STUFFのシームレス素体用ビキニです。

関連記事
フリル3種







女給さん

かんたん着付けのツーピース着物にエプロンを合わせた
女給さんスタイルです。

waitress_a.jpg

お人形では定番コスチュームかもしれませんが
今回が初挑戦でした。

いざ作るにあたって、着物の帯と、エプロンの結び紐の位置関係は
どうなっているのか…と漠然とした疑問がありましたが、検索したら
すぐにわかりました。

いろんな着方があるようです。「一文字」の下で結んだり、
「矢の字」の上で結んだり、または「お太鼓」の上で結んだり。

その中で、今回は「お太鼓の中に紐を通す」をやってみました。

waitress_b.jpg

紐の端は、前で結びます。

waitress_c.jpg

肩紐は衿の下で交差させ、端を脇でスナップ留めにします。
「たすき」のようで後ろ姿もカワイイです。

waitress_d.jpg



エプロンはジョーゼット(75D)で作りました。
紐もフリルも共布です。

waitress_e.jpg

紐とフリルが共布タイプは、見た目のシンプルさに反して意外に手間がかかります。
苦労が見映えに反映しない感が甚だしく、もうやりたくないというのが正直な感想です。



今回のコーディネートは、膨張色のフリフリエプロンを重ね着するので、
着ぶくれ分量を少しでも減らすため、帯はできるだけ薄めに作りました。

waitress_f.jpg

裏布にブロードなど薄手の木綿を使った昼夜帯風で、接着芯なし。
表布と裏布の間に帯揚げを縫い込んでしまい、帯締めはつけませんでした。



ジョーゼットのエプロンで、ファイセン素体にも1点。
格子柄織サテンとの組み合わせです。

waitress_g.jpg

このエプロンのフリルは共布でなく、身生地より薄め(50D)のジョーゼットを
使いましたが、見た目では、ほとんど違いがわかりません。

waitress_h.jpg

ドレスは身頃のみ、オーガンジーで裏をつけました。

waitress_i.jpg









次のページ

FC2Ad

まとめ