1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

ハイウエスト

最近またベロアが流行っているようなので作ってみました。
ハイウエストのワイドパンツです。

high_waist_a.jpg

セーターは人間用の靴下で作りました。

high_waist_b.jpg

身頃の裾と袖口にリブ部分を使った、
セットインスリーブです。

high_waist_c.jpg

アームホールはミシンが入らない大きさのため
手縫いでつけています。



ベロアのハイウエストで、もう一種類。
ハイネックのプルオーバーと、フレアスカートの組み合わせです。

high_waist_d.jpg

スカートは4枚はぎの膝下丈です。

high_waist_e.jpg





スポンサーサイト

羽織

淡色の羽織と、濃色の着物の組み合わせです。

haori_2019_a.jpg

羽織は、雲の柄織に蝶が舞う
正絹の単(ひとえ)仕立てです。

この羽織は、脇にマチのないタイプです。

haori_2019_b.jpg

着物はウールの和服地です。
こちらも、重ね着の着ぶくれを抑えるため
裏なしです。

haori_2019_c.jpg

半衿(赤い部分)は正絹です。

帯は、紗綾型の化繊地で「矢の字」結びにしました。
帯留めは円柱型パールビーズ、帯締めは艶消しシルバーの丸小ビーズです。



もう1点、淡色の羽織と濃色の着物のセットです。

haori_2019_d.jpg

羽織はレーヨンちりめん。衿はシャンタンです。

着物は正絹ちりめん、片身替わり風。
半衿は市松柄のサテンです。

haori_2019_f.jpg

帯の生地、結び方、帯締めと帯留めは
上のセットと同じです。

haori_2019_e.jpg


着物に使った生地です。

haori_2019_g.jpg

黒と赤を絣模様で仕切ったような、大胆なデザインです。
この柄の反物で仕立てた着物は、きっと素敵だったろうと思います。

ここでは、柄はそのまま、1/6で作っていますので
かなり雰囲気は変わっているのでしょう。






あけましておめでとうございます

happy2019.jpg

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。







続きを読む

天女

プリーツオーガンジーのスカートで
軽装の天女風セットです。

Celestial_maiden_2018b.jpg

プリーツオーガンジーは型紙なしで長方形に裁ち、
ストレッチサテンでインサイドベルト。

Celestial_maiden_2018c.jpg

裾はプリーツを伸ばしながら、プリーツのフリル、梯子レース、
ケミカルレース、ラッセルレースを重ねてかがりました。
ラッセルレースは表から見えませんが、透け感の調整のために
つけました。


ヘッドドレスは、メタルレースにワイヤーを入れて曲げたもの。

Celestial_maiden_2018a.jpg

ネックレスは、メタルパーツ、丸大ビーズ、丸小ビーズ、
ドロップビーズの組み合わせです。







水玉レース

水玉模様のケミカルレースで、ロングドレスです。

Polka_dot_lace_e.jpg

ベースはストレッチサテンのマーメイドライン。

Polka_dot_lace_f.jpg

胸下から腰までは身頃に沿わせてレースをかがり、
腰から下はベースの生地から離して、つりがね型のスカートにしました。



こちらは、同じ素材の色違いで
上の「白」よりもスカートのフレア分量を多くしました。

Polka_dot_lace_d.jpg

平面のケミカルレース生地を切って繋いで、フレアを広げています。

Polka_dot_lace_c.jpg

ほつれ止めは、線香の火で炙って溶かし固める方法と、
ピケの併用にしました。

Polka_dot_lace_b.jpg

ピケは、レースの裏面のみに補強も兼ねて使いました。
ピケの液が表に染み出すと、レースの光沢が消えてしまうので
裏面のみです。


ファイセン素体にも1点。

Polka_dot_lace_g.jpg

こちらは、身頃のみオーガンジーのベースを作り、
透明糸でかがり、裾はマーメイドラインにしました。

Polka_dot_lace_h.jpg

Polka_dot_lace_i.jpg

Polka_dot_lace_j.jpg

Polka_dot_lace_k.jpg



今回使用した水玉レース、1mにつき9,000円もする高級品です。
一目惚れしたものの、ちょっと買うのにとまどいました。

Polka_dot_lace_a.jpg

人間サイズで総レースにしたら、材料費だけでも結構なお値段になってしまいますが
1/6スケールなら、高価な素材を少しずつ楽しめて、お得な感じです。


残ったレースは、また違う使い方を考えて、大切に使おうと思います。


次のページ

FC2Ad

まとめ