1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

うずまきレース

面白い模様のチュールレースを見つけたので
久しぶりにオタクボディ用にドレスを作りました。

whirlpool_lace_a.jpg

白いチュールに金色の糸で「らせん」と「うずまき」が刺繍されています。

このレースをボディに巻いて、厚みのある部分は切り開いて重ねてかがり
薄い部分はつまんでタックをとり、ピケ(ほつれ止め)を染み込ませて補強しながら
体の凹凸に合わせていきました。今回はミシンは使わず、すべて手縫いです。

whirlpool_lace_b.jpg


ビスチェ単体のアップ。

whirlpool_lace_c.jpg

立体的になったことで、元のレースとは、だいぶ模様が変わりました。








スポンサーサイト

窓あきレオタード

オタクボディサイズのレオタード。
前身頃全体に、曲線の窓を開けました。

肌の露出面積が広いので、画像は追記の方に掲載しています。
まずいものは写っていませんが念のため。

続きを読む

2重ペチコートその2

クールガール用で作ったスカートと同じ形のものを
オタクボディサイズでも作りました。

型紙の寸法は、ほとんど同じです。
クールガールとオタクボディの体型は似ているようで違う部分もあり、
また、オタクボディは色移りしやすい材質のため、濃色の服を直に着られないなど
制約もありますが、色を選べば、スカートは共有できることが多いです。

tartancheck_twopiece_a.jpg

ペチコートのフリルはクールガール用よりも分量を少なめに、全体的に軽めにしました。
オタクボディの方が脚が短く、身長も低いので、あまり膨らませると
バランスが悪くなるように思えたためです。

tartancheck_twopiece_b.jpg


メインに使用した生地は、オフホワイトと赤のタータンチェック。
ほつれやすいので、ピケ(ほつれ止め液)をたくさん使いました。

tartancheck_twopiece_c.jpg




リボンのフリル

ギンガムチェックのエプロン。

gingham_check_apron_a.jpg

フリルと肩のストラップにリボンを使いました。

gingham_check_apron_b.jpg

リボンを使うと縫い代を省略でき、そのぶん薄くできるのが利点です。

gingham_check_apron_c.jpg




ピンクづくし

ブラウス、スカート、レオタードのセットを作りました。

pink_set_c.jpg

ブラウスは厚めと薄めのジョーゼット2種、
レオタードは薄いジャージー生地、
スカートは、正方形の窓だけ透ける格子柄オーガンジー。
すべて少しずつ違うピンクです。

pink_set_b.jpg

pink_set_a.jpg

現実では、こういう着こなしをする人はあまりいないと思いますが
ここは、お人形ならではということで。






次のページ

FC2Ad

まとめ