1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

ニットパーカー

トグルボタンをつけたニットのパーカー。
同じ形、同じ素材の色違いです。

knit_Parka_b.jpg

トグルボタンはアゾン製かと思います。

knit_Parka_c.jpg

赤いニットには、チョコレートのような茶色いボタンを、
緑のニットには、あずきのような色のボタンを合わせました。


knit_Parka_d.jpg

フードの縁飾りは、ベージュのフェイクファーです。

knit_Parka_e.jpg

身生地のニットは、人間用の靴下を使いました。
柄の配分にもよりますが、短めの靴下1足で、だいたい
1/6サイズの長袖ミニワンピース1着くらいの分量が取れます。

knit_Parka_f.jpg

今回は、つま先の丸い部分を、
そのままフードとして利用しました。







スポンサーサイト

金襴チャイナドレス その2

クールガールにも西陣織のチャイナドレスを。

kinran_china_dress2_a.jpg

同じ形の色柄違い2点です。

kinran_china_dress2_b.jpg

脚を外に出しやすいよう、また、スカートが広がって野暮ったく見えないよう
脇スリットの幅を広げ、かつU字形に刳っていますが
こういったデザインは、お人形ドレスならではのインチキです。

kinran_china_dress2_c.jpg


クールガール素体は色移りをあまり気にしなくていいので
ドレスは総裏にせず、着ぶくれしないことを優先した見返し処理です。

kinran_china_dress2_d.jpg

今回の型紙は、以前つくったものを
そのまま使いました。


関連記事
「ちりめんチャイナ その2」

片身替りの着物

かんたん着付けのツーピース着物を
片身替りで作りました。

katamigawari_a.jpg

同じプリント木綿の色違いで2色、
半衿と帯は共通です。


半衿はシーチング、帯はカツラギです。

katamigawari_b.jpg

帯結びは角出し。

katamigawari_c.jpg

katamigawari_d.jpg

katamigawari_e.jpg



裁断前の生地です。

katamigawari_f.jpg

一枚の布地の中にプリントされた、異なる文様を
そのまま片身替りとして利用しました。

このプリントは『変り縞水玉文様』という名前だそうです。


























綿入れ半纏

縞模様の木綿に、キルト芯を入れた半纏です。
掛け襟はベロアです。

インナーは、生活感のある淡色の花柄プリントでパジャマ。

hanten_2017_2a.jpg

hanten_2017_2b.jpg

hanten_2017_2c.jpg

天女 その2

クールガールにも天女のドレスを。
こちらは中国風です。

Celestial_maiden2_a.jpg

ショート丈のブラウスと、ギャザースカートの上に
ベストを羽織り、サッシュベルトを締めています。

Celestial_maiden2_b.jpg

手に持っている造花は、市販品の「梅」です。
本当は「蓮」の方がいいと思いますが、蓮の造花よりも
梅の造花の方が、なぜか蓮に近い雰囲気だったので、こちらにしました。

天衣はワイヤー入りオーガンジーリボンそのままです。

Celestial_maiden2_c.jpg

天女というと、ふわふわ、もやもやしたイメージで
どんな衣装なのか、形を捉えにくいように感じられます。

その、もやもやした感じを実体のある形にしたいと思い
いろいろ悩んだ結果、スカートの裾は、このプリーツレースになりました。
端に太いテグスが入っていて、張りがあります。


冠に見立てた頭飾りには、ブレードを使いました。

Celestial_maiden2_d.jpg

Celestial_maiden2_j.jpg

適当な長さにカットしたブレードを、頭の大きさに合わせて折り、
ワイヤーを巻き込み、頭の形に合わせて曲げ、ビーズで飾りました。

ほつれ止めは木工用ボンドです。
切断したい箇所lにボンドを塗り、乾いてからハサミを入れます。


ルビィが着ているピンク系のセットは
上でドロンジョ様が着ているブルー系のセットと
ほとんど同じで、スカートのレース飾りと、ベストの丈が違います。

Celestial_maiden2_e.jpg

Celestial_maiden2_f.jpg

Celestial_maiden2_g.jpg



ネックレスに使ったビーズです。

Celestial_maiden2_i.jpg

透き通った楕円の真ん中に穴が開いている、珍しい形です。
この形に名前があるかどうかは不明です。



ベストは表布にシャンタン、裏布にストレッチサテンを使った
総裏仕立てで、平面的な形です。

Celestial_maiden2_k.jpg

縁にケミカルレースをかがりました。



ブラウスの身頃は着ぶくれ防止のため、できるだけタイトに。

Celestial_maiden2_l.jpg

身頃はアイボリーのストレッチサテンの上に、
バイアスに裁ったジョーゼットを重ねて1枚として縫製。
袖は、ジョーゼットの袖口を「わ」にして内側へ折り返したものを2枚重ねで
合計4枚重ねになっています。

袖の付け方は、一番外側になる1枚の袖山だけを
袖ぐりと縫い合わせ、シャツスリーブ方式で
身頃脇~袖下を内側まで続けて縫い、袖口で折り返し、
内側の袖山を、外側の袖山の縫い代に手縫いでかがる。
中の白い袖は、身頃に付ける前に袖下を縫って袖口で折り返し
袖山を2枚とも重ね、セットインスリーブ方式で袖ぐりに手縫い
(ミシンが入らないため)。

↑自分でも手順を忘れないよう書き出してみたのですが
わかりにくいでしょうか。



スカートは、裾をプリーツレースで切り替えたアンダースカートと
裾を「わ」にして2枚重ねにしたオーバースカート、
そしてケミカルレースの飾りという構成です。

Celestial_maiden2_m.jpg

臙脂色のレースには、山のてっぺんに大きめのドロップビーズを吊り下げ、
青緑色のレースには、両サイドの梯子の穴に丸大ビーズを入れました。

Celestial_maiden2_h.jpg



以下、今回の資料です。 続きを読む
次のページ

FC2Ad

まとめ