1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

甚平

洋風の花柄プリント木綿で、甚平です。

jinbei_2018_a.jpg

身生地は、パッチワーク用カットクロスです。
とてもかわいい柄で、一目惚れしました。

jinbei_2018_b.jpg


仕立て方は和洋折衷です。

jinbei_2018_c.jpg

地縫いはミシン、前身頃にダーツ。
裾は額縁仕立てです。







スポンサーサイト

鯉口シャツと股引

お神輿を担ぐときに着る、上下のセットです。
白と紺、どちらも同じ種類の綿ボイルです。

momohiki_2018_a.jpg

本物と、だいたい同じ作りですが
形や縫製の仕方など、違うところもあります。

momohiki_2018_b.jpg


股引の紐は、本当は結ぶのですが
厚みが出てシャツのシルエットに響くため、省略して
ホックで留めるようにしています。

momohiki_2018_c.jpg


後ろです。

momohiki_2018_d.jpg





この上下セットは、人間用で何度か作ったことがありましたが
いつも柄物で、無地は今回が初めてでした。
なぜ柄物ばかり作っていたかといえば、無地なら市販品を買えばよく、
作る必要がなかったからです。

無地にすると、切替線などが目立ち、この衣装の特徴が
よくわかります。










準喪服と略喪服

スーツとセットアップ、2種類の喪服を作りました。

mourning_dress_2018_a.jpg


こちらのスーツは、ショート丈ジャケットとセミタイトスカートの組み合わせ。
詳細は不明ですが、喪服用の生地です。

mourning_dress_2018_b.jpg

ジャケットは半裏仕立てで、前身頃にショルダーダーツを入れています。

mourning_dress_2018_d.jpg

一般的には、ジャケットの下はワンピースであることが多いのですが
重ね着の着ぶくれが気になり、スカートに変更しました。


バッグはシャンタンです。

mourning_dress_2018_c.jpg



こちらのセットアップは、薄めジョーゼットのブラウスと
梨地ジョーゼットのフレアスカート。上下とも普通の生地です。
夏場の法事や、お墓参りなどを想定したコーディネートです。

mourning_dress_2018_e.jpg

パンプス部分は合皮でなく、布です。

mourning_dress_2018_f.jpg








闘魚

「ベタ」のイメージで、うろこ模様の身頃を中心にして
周囲をフリルで飾りました。

こちらの身頃は、黒のベロアに不透明メタリックのうろこ。
商品名は「ドラゴン・スケイル」です。

rumble_fish_a.jpg

身頃の両脇に、スカートと同じソフトチュールのフリルが生えています。

rumble_fish_b.jpg

袖ぐりのフリルも同じチュールです。

rumble_fish_c.jpg


こちらはボートネックのマーメイドライン。
身生地は、白いベロアにオパール色の透明うろこ。

裾をジョーゼットで切り替えギャザーです。

rumble_fish_d.jpg

背中心からフリルが生えています。

rumble_fish_e.jpg

襟ぐり、袖ぐりの装飾は、透明度の低いオーガンジーの
バイアステープです。

rumble_fish_f.jpg

髪飾りは、貝殻の形をしたスパンコールを
そのまま挿しただけのものです。










喪服

和装の喪服に初挑戦しました。
同じ素材を使用した、白と黒の2点です。

体の曲線に合わせた、立体的な仕立てのツ-ピース式です。
本物の和服とは、かなり違う構造ですが
全体的に和服のように見えれば、という考えで作りました。

Mourning_kimono_a.jpg

身生地は梨地ジョーゼット。
帯は観世水文様のシャンタンです。

Mourning_kimono_b.jpg

和装の喪服を作るにあたって、一番の難関は「家紋」です。
最終的に、実際に使ったのは
直径3㎜のハトメポンチで抜いた「フロッキーシート」です。
このくらいの大きさが、リアルな比率に近いと思います。


初めのうちは、ちゃんとした家紋を入れるつもりでした。
有名な武将などの家紋は特定のイメージが強いから避けて~
珍しくてカワイイ家紋は面白いけど身分や職業が限定されるから避けて~
いっそシンプルで家紋に見えそうなデザインを自分で考える?→大抵すでに実在する
じゃあレンタル喪服に多い「桐」にしようかな?
…など延々悩んだ挙句に「下り藤」の家紋をアイロンプリントで作ってもらったのですが
小さすぎて、きれいに貼れず、断念しました。

Mourning_kimono_f.jpg

これは直径5㎜程度です。
なぜ下り藤かと申しますと、わたくしkisakinoの家紋だからです。
それっぽいのなら何でもいい、くらいに最初は考えましたが
いろいろ見ていくうち、どの家紋にも由来や意味があると知り、
適当に決めることができなくなり、思考停止した着地点がここでした。

結局は使えなかったのですから、徒労だったわけですが
家紋を調べている時間はそれなりに楽しかったのです。


白い方は紋なしです。

Mourning_kimono_c.jpg

数珠は、プラビーズと、アジアンコードをほぐして作ったタッセルです。
この数珠がまた厄介で、今まで知らなかったのですが、
宗派によって違うらしいのです。
でも、各宗派の数珠を見比べてもルールがイマイチわからず
結局、宗派に関係なく使える「略式」に落ち着きました。


帯結びは「一重太鼓」です。

Mourning_kimono_d.jpg

喪服の帯は一重太鼓だった記憶がありましたが、作ってから不安になり
あとで調べたところ、やはり一重太鼓で正解でした。
二重太鼓は「不幸が重なる」ということでNGなんですね。


クラッチバッグはモアレ柄ジャガードです。

Mourning_kimono_e.jpg

以前つくった型紙をそのまま使いました。

関連記事
「過去のバッグ画像」
この記事の一番上にあるピンクのバッグがそれです。





次のページ

FC2Ad

まとめ