1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

さくら

桜の花のプリントサテンで、ベアトップのミニドレスです。

sakura_dress_a.jpg

スカートの裾に赤いレース。
中は赤いチュールで膨らませました。

半襟に見立てたピンクのシャンタンはバイアスに裁ちました。

sakura_dress_b.jpg

編み上げのコードを通す金具は丸カン、
見返しは淡いピンクのサテンリボンです。

sakura_dress_c.jpg

この型紙は2度目でした。
前回は、こちら。
「和柄ミニドレス」


桜の花で、もう1点。
綿ローンのハンカチを使ったツーピース式の小袖です。

sakura_kosode_a.jpg

上衣と下衣の重なる部分に、細い帯を締めています。

裏地をつけない単(ひとえ)仕立てで、重ね着しているように見せるのは
半衿だけにしました。

sakura_kosode_b.jpg

この素体用に着物を作るときは、できるだけ肩を動かさず袖を通せるように
背中でも開くようにして、左右に分割した構造にすることが多いのですが
今回は薄い生地を使っているため、開きを作ると、その部分が特に厚くなるのが
あまり見映えがよろしくないと思い、開きは普通の衣服同様、前だけにしました。








スポンサーサイト

アンブレラ その2


シームレス素体でも、傘みたいに広がったスカートのドレスを。

umbrella2_a.jpg

身頃は7枚はぎ、スカートは25枚はぎです。

umbrella2_c.jpg

表スカートは、縦に細長い台形を25枚つなげて丸く。

umbrella2_e.jpg

裏スカートは1枚です。

umbrella2_d.jpg


これが元の生地です。

umbrella2_b.jpg

この中から、だいたい同じ大きさの水玉の粒がある部分を抜き出して
つなぎました。

















縞を重ねる

ホルターネックのワンピースです。

skeleton_border_2_a.jpg

生地は「スケルトンボーダー」という名前の商品です。

skeleton_border_2_b.jpg

スカートの左右を横に延長してマチを作り、前と後ろに折りたたんで
オーバースカートのようにしました。

skeleton_border_2_c.jpg

こういう形に名前があるかどうかはわかりません。

skeleton_border_2_d.jpg



縫製前の平らな状態です。

skeleton_border_2_e.jpg

写真奥側の一番高い山が前中心、真ん中の低い山が脇のマチ、
手前の山が脇~後ろです。


脇のマチを縫い合わせたところです。

skeleton_border_2_f.jpg

この直角に尖った部分を表に返して、
それぞれの角を前と後ろで綴じました。



綿入れ半纏 その2

シームレス素体用にも半纏を作ってみました。
麻の葉柄のプリント木綿です。

hanten2_2017_a.jpg

すべりの悪い素体に、着脱しやすいように
袖を広めにしましたが、見た目ではあまり違いがわかりませんね。


インナーは、薄いジャージーのブラジャーとショーツ。

hanten2_2017_b.jpg








梅の柄の着物

全面に梅の花が重なり合った模様の
プリント木綿で、ツーピース式の着物を作りました。

plum_kimono_a.jpg

着脱しやすいように、背中も開くようにした上衣です。

帯結びは文庫風。

plum_kimono_b.jpg

文庫は帯締めがなくても結べるのですが
飾りとして、帯締めと帯留めをつけました。

plum_kimono_d.jpg

この薄緑色のインドビーズは、オブラートで包んだ寒天ゼリーみたいに
とても綺麗で気に入っているのです。






今回のモデルのヘッドは、このブログでは初登場です。
sweet marble様の作品です。

plum_kimono_c.jpg

肉眼では見えないような線が、拡大して初めて見えました。
恐ろしいほどの緻密さです。

そして何より、とても美しいです。













次のページ

FC2Ad

まとめ