1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

綾テープの帽子

綾テープを巻いて、帽子を作りました。

Aya_tape_hat_b.jpg

ドクロのモチーフレースは装飾と補強を兼ねています。

帽子のフチに、内側からソフトチュールを長く垂らしています。

Aya_tape_hat_a.jpg

チュールは細長く裁ち、左右と後ろ3枚に分けています。

この帽子に合わせた、ドクロ型プレートいっぱいのチェーンネックレスは
最初からドクロがいっぱいついた状態で売っていたチェーンそのままです。

Aya_tape_hat_c.jpg


この帽子は、最初、市女笠のイメージから始めました。
だいぶ違うものになりましたが…

Aya_tape_hat_d.jpg












スポンサーサイト

いろんな帽子

過去に作った型紙を、そのまま使って作った帽子です。

hat_set_o.jpg

形は様々ですが、すべて起毛素材です。


内側。

hat_set_p.jpg



4枚はぎのチューリップハット。

hat_set_h.jpg

こげ茶色のベロアです。
モコモコのキクラゲのようです。



チロリアンハット。

hat_set_i.jpg

深緑色のベルベットです。



水玉模様のテンガロンハット。

hat_set_k.jpg

こげ茶色にピンクと紫の水玉が並んだベロアです。


バラ満載のキャノティエ風ハット。

hat_set_j.jpg

土台の帽子はローズピンクの別珍。
赤とピンクの巻きバラは出来合いです。



ボンネット。

hat_set_l.jpg

外側は、水色の地に薄緑色の毛が生えたベルベット。
内側は、ほんのり虹色に輝く透明度の低いオーガンジーです。

この帽子の製作過程が、下に少々あります。 続きを読む

キャスケット

いろんな形のキャスケットを作ってみました。

hat_set_a.jpg

先日、過去の画像を見ていましたら、
一度しか使っていない型紙も結構あったことを思い出し
久しぶりに作りました。

キャスケットは殆ど作ったことがなく、その理由は
作ってみてわかりました。

めんどくさいのです。

裏地がついていなくてゴチャゴチャしたままの裏側を
ご覧いただくと、めんどくささが伝わりやすいのではないかなと思います。

hat_set_b.jpg



これはクラウン部分が5枚はぎ。

hat_set_c.jpg

スエード風とエナメルのコンビです。



こちらはクラウン部分が1枚仕立てで、3本のダーツで立体にしています。

hat_set_d.jpg


6枚はぎ、オーソドックスな形です。

hat_set_e.jpg

以前、着物に使った残りの木綿です。



こちらも6枚はぎ。

hat_set_g.jpg



このクラウンは1枚。6本のダーツで立体にしています。

hat_set_f.jpg





過去の帽子画像

バッグに引き続き、以前のブログに載せていた
帽子の過去画像を再掲します。


まずこれは、ドロンジョ様のために作ったドクロづくしです。

scull.jpg

バッグの留め金部分とチョーカーのチャームは人間用ピアスから取ったパーツ。
帽子のトップクラウンはモチーフレースです。
ブリムに載っている大きな巻きバラは出来合いだったと思います。



実写映画『ヤッターマン』を観た後に作ったキャスケット2種。

casquette.jpg



映画『ブーリン家の姉妹』を観た後に作ったヘッドドレス。

head_dress.jpg

厳密には帽子じゃないかもしれません。
フェルトをサテンで包んで、ワイヤーも入れて
ビーズとコード刺繍で飾ったものです。



こちらはミニハット。

mini_hat.jpg

頭にかぶるのではなく、ちょこんと載せる、
普通の帽子より小さい帽子です。500円玉硬貨と並べると
そんなに小さくもないのに、作るのは大変だったと記憶しています。



ブリムにベールをかぶせたキャノティエ。

mourning_hat.jpg



トップクラウンとサイドクラウンの間にベールを挟んだトーク帽。

toque.jpg



ベロアとチュールの組み合わせ。

velvet_hat.jpg



4枚はぎのチューリップハットにビーズ編みの花。

tulip_hat_surface.jpg

内側は、緑がかった薄茶色のサテンに同色オーガンジーを重ねて
微妙な質感の変化が面白かったのですが、あまり写真ではわかりません。

tulip_hat_back.jpg



別珍の帽子にインドビーズの飾り。

velveteen_hat_b.jpg

四角いビーズは、硬いフルーツゼリーにオブラートを貼ったような色で
好きだったのですが、なかなか活躍する機会がありませんでした。

velveteen_hat_a.jpg

この帽子は、サイドクラウンの高さを表と裏で変えて(表地は高め、裏は低め)
裏に対して余っている表の別珍を、たたんだり伸ばしたり、形を変えられる
そんな帽子でした。




もう一種類あります。 続きを読む

FC2Ad

まとめ