1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

ケミカルレースのランジェリー

OtAKUサイズに合わせた服を初めて作りました。
まずはシンプルに、平面的な構造のランジェリー。
ピケ(ほつれ止め剤)を染み込ませながら、
特に力がかかる箇所は裏から極細コードで補強しつつ、
手縫いで少しずつかがっていきました。

chemical_lace_lingerie.jpg


こちらが、今回使用したケミカルレースの残りと切れ端です。

chemical_lace.jpg


OtAKU(オタク)という奇妙な名の女性フィギュア。
昨年その存在を知り、クールガールと互換性があるのかなと勝手に期待し、
一番かわいく見えた金髪赤ビキニを1体購入してみました。

しかし首を挿げ替えてみたところ、質感やバランスが微妙に合いませんでした。
やはり少しずつ違うんですね。


このボディの長所だと思うのは、胸下とウエストに関節がなく
胴体の輪郭が美しいところ。

短所だと思うのは、ヘッドや手足パーツを付けたり外したりする際に
いちいちドライヤー等で暖めて柔らかくしなければならないところ。
そして色移りしやすい材質であること。
つまり、着せられる衣装の色や形が大幅に制限されるということです。

でも、せっかくだから何か似合いそうなものを色々作ってみたいなぁ…と
現在考え中です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/1-43352ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ