1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

初めてのクールガール

ふと懐かしくなって、ずっと引き出しの中で眠っていた
初期のクールガールを、久しぶりに出してみました。

CG-01です。

CG_01_a.jpg

箱や装備品などは既に処分してしまって、現在は本体しか残っていません。

CG_01_b.jpg



こちらはCG-EX1。

CG_EX1_a.jpg

CG_EX1_b.jpg

本体はCG-01と同じと説明されていますが、実際の商品では表情が違います。
髪型も微妙に違っていますが、これは単なる個体差かもしれません。

CG_EX1_c.jpg



最初にCG-01を見たときは、一体これのどこが「ガール」なのかと思いました。
ごつい。老けてる。ケバい。それが第一印象でした。

でも、買って帰って机に飾り、毎日眺めているうちに、
だんだん可愛らしく思えるようになっていきました。



懐かしいついでに、Ver.1.0と1.5、さらに2.0とのボディ比較もしてみます。
今さらすぎますが。


ここから下に、裸のボディ写真を掲載しています。
苦手な方はご覧になりませんよう、お願いいたします。
写真左側がVer.1.5、右側がVer.1.0のボディです。
Ver.1.5の方が膝下が5mmほど長くなり、プロポーションが良くなっています。

10_with_15_a.jpg

足首のジョイントパーツが5mm長くなり、
さらに本体や足パーツと外しやすくなりました。

10_with_15_b.jpg

Ver.1.0のジョイントはきつく、無理に外そうとして
ふくらはぎやジョイントパーツが割れてしまうこともありましたが
その点がVer.1.5になって改善されたようです。


脚が長くなった他には、可動範囲も少し広がりました。

これはVer.1.5。ここまで腕が内側に寄せられます。

10_with_15_d.jpg

10_with_15_c.jpg

Ver.1.0では、ここまでしかできません。

Ver.1.0とVer.1.5は膝下の長さが5mm違うだけなので衣服は共有できます。
ただしブーツは、同じ中ヒール用でもデザインや材質によっては
合わない場合があります。



Ver.1.5とVer.2.0の比較。

写真左側がVer.2.0、右側がVer.1.5です。

15_with_20_a.jpg

肩幅や胴の長さ、腕の長さなど基本は同じですが、関節が増えて
ボディラインが少しずつ変わりました。

15_with_20_b.jpg

手や足のパーツには互換性があります。


Ver.2.0のボディ(左)は、肘がこんなに曲がります。

body_supplement_c.jpg


胴の部分を横から見たところ。

body_supplement_a.jpg

背中側。

body_supplement_b.jpg

膝の裏もザックリえぐれて、可動範囲が大きく広がりました。
写真上がVer.1.5、下がVer.2.0です。

body_supplement_d.jpg



脚のラインと足首のジョイントパーツも変わりました。

15_with_20_c.jpg


Ver.1.0や1.5のボディは腹部や股関節に目立つ関節がないため、
肌を露出する衣装が似合います。
その反面、着膨れしやすく、太って見えやすいという欠点もあります。

Ver.2.0は関節が多く、ボディ単体の見栄えは良くない反面
ウエストラインがスッキリしていて脚も長いので、厚着をしても
着膨れしにくいという長所があります。

どのボディにも一長一短ありますが、クールガールのボディ全体に共通する特徴は、
ボディラインが美しく、かつ丈夫で非常に扱いやすいということです。


Ver.1.0と1.5、Ver.2.0、衣装の互換性については
似合う、似合わないの他にサイズが合う場合と、そうでない場合があります。

ストレッチの効いたTシャツやワンピース、また上着の類などは大抵大丈夫ですが
ボディの形ぴったりに合わせた伸縮性のないブラウスなどは
きれいに着られないことがあります。

また、脚の長さが違うため、タイツやパンツ類など下半身に穿くものも
合わないことが多いようです。



最後に足パーツ。
上から、ハイヒール、中ヒール、ローヒールの順です。
ク-ルガールの足パーツは、だいだいこの3種類が基本だと思います。

foot_parts.jpg

各ボディとの互換性はありますが、Ver.1.0はジョイントパーツが硬く
本体と足パーツが外れにくいので、無理な力を加えることで破損の恐れがあります。

各足パーツ用ブーツの互換性は、あまりありません。
ストレッチ素材の柔らかいものであれば、ハイヒール用でもローヒールの足に
履かせられたり、ということもありますが、合皮製のものは難しいと思います。



上の3種類とは違う足パーツもあります。これはドロンジョのものです。
ローヒールの足と形が似ていますが、つま先が角ばっているのが特徴です。

foot_parts_doronjo.jpg

ローヒール用のブーツが、ものによっては合うかもしれません
(未確認です)。







スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/203-45b212c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ