1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

ボンネット

気になったので作ってみたシリーズです。

sugar_mountain_a.jpg

タイトルを「ボンネット」にしましたが、
本当にそれで正しいかどうかは自信がありません。
こういう形の帽子が実在するかどうかもわかりません。

sugar_mountain_e.jpg


似た形の帽子は書物の中に見つけました。

sugar_mountain_f.jpg
文化出版局「服飾辞典」より

sugar_mountain_g.jpg
マール社 オーギュスト・ラシネ著「民族衣装」より


この帽子には夏用のカーテン生地を使用しました。
薄く張りがあり、少し透けます。
飾りの葉っぱはプラスチックです。

sugar_mountain_k.jpg

クラウンとブリムの2つのパーツで構成されています。
クラウンのトップとサイドは一続きで、ダーツ4本で立体にしています。

sugar_mountain_l.jpg

ブリムは前端を「わ」にして縫い代ぶんの厚みを省き、
広がりすぎないように、内側下部(かぶったときに襟足にあたる部分)を
タックで縫い縮めました。



重ね着風の長袖ワンピースは、胸と袖に光沢の強いストレッチサテン、
身頃とスカートは、やや硬めで張りのあるストレッチサテンを使用しました。

sugar_mountain_b.jpg

胸の葡萄は、ドロップビーズをテグスで編んでから縫いとめました。
薄く仕上げるために襟ぐりの見返しはナシ。

sugar_mountain_m.jpg


sugar_mountain_c.jpg

スカートは横長の長方形で、上側にタックをたたんで裾を広げました。
ペチコートは、スカートからタック分を除いた寸法です。

sugar_mountain_n.jpg


ローヒールのブーツには厚手の合成皮革「ダブルエナメル」。
凹凸の上に透明のコーティングでツルツルにしてある
ちょっと変わった風合いの生地です。

sugar_mountain_d.jpg

地は赤紫で、角度によって金色に光ります。


このコスチュームは、漫画に登場するキャラクターの服装を真似したものです。
その画像は、こちら。
sugar_mountain_h.jpg

古風な印象の帽子と、豹柄の組み合わせが鮮烈です。

sugar_mountain_i.jpg

腕と脚を覆う、この大きな模様を見て「お人形っぽい」と思いました。
しかも関節が隠れるデザインです。これを作らずにいられましょうか。

sugar_mountain_j.jpg

数話だけのゲストキャラでカラーの資料もないため
色は想像で勝手に決めました。

とはいえ、ちょうどいい豹柄のストレッチ生地が、色を好きに選べるほど
たくさんの種類が手に入るわけもなく、また胸の葡萄のビーズも
このサイズのビーズで葡萄っぽく見える色は、これしかありませんでした。
なので「決めた」というよりは、こうなるしかなかったという感じです。

腕と脚はコレ、胸の飾りはコレ。
決まっている部分に合わせて、他の部分の色や素材を選んでいきました。
ほとんどの材料が、手元にあった「ありあわせ」です。





スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/223-cfc7195f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ