1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

甚平と浴衣

セレクトショップで見つけた可愛い手ぬぐいで
甚平と浴衣を作りました。

jinbei_a.jpg

左の水色は、三つ尾の金魚と水の波紋が染め抜かれたもの。
右の紺色は、唐草、ひょうたん、四つ割り菱の模様です。
1枚の手ぬぐいから甚平の上下と浴衣が1枚できました。

まず甚平。

jinbei_b.jpg

ダーツを入れて絞るなど、スリムに見せるための細工は
特にしていません。

形も仕立て方も、ほとんど人間用と同じです。

jinbei_c.jpg

ステッチが表に出ない地縫い部分のみミシンで、
それ以外は手縫いです。

パンツとセットの甚平ですが、一応和服ジャンルなので
ミシン目を表に出さないルールに則った仕立てにしました。

jinbei_d.jpg

袖口と裾は三つ折りにして、まつり縫い。
それ以外の縫い代はピケ(ほつれ止め)処理です。

jinbei_e.jpg

パンツのウエストには4コールゴムを入れました。

衿の端についた共布の結び紐は飾りで
実際はスナップで固定します。

jinbei_f.jpg


そして浴衣は、こちらです。
yukata_tenugui_a.jpg

帯は表裏ともシーチング。
表(からし色)の側にだけ不織布の接着芯を貼って張りをもたせ、
裏(ピンク、抹茶色)はバイアス裁ちにしました。

yukata_tenugui_b.jpg

帯結びは両方とも「一文字」です。

yukata_tenugui_c.jpg


本当の着物は、このように、ほぼ直線だけで構成されていますが

yukata_tenugui_e.jpg
成美堂出版「イラスト版 初めての着付けと帯結び」より


そのままスケールダウンすると着ぶくれ感が気になるので、少し胴を細めにして
結果、肩~袖が外側に伸びたようなシルエットになっています。

また、手首の関節を隠しやすくするために袖幅も広めにしています。

yukata_tenugui_d.jpg

帯は後ろ脇でマジックテープで留めます。




スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/225-4dcc4553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ