1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

両面フリルのスカート

カラフルな水玉プリントのサテンリボンで
4段ティアードスカートのミニドレス、同じ形の色違い2着です。

drop_water_a.jpg

幅3cmのリボンから、身頃は分割して取りました。
薄いリボンなので、身頃のみ不織布の接着芯を貼っています。

drop_water_b.jpg

ネックラインから1mmだけ表に出した見返しは、張りのある硬めのサテン。
肩ストラップは、見返しと同色の5mm幅サテンリボンです。

drop_water_c.jpg



スカートを内側から見たところ。

drop_water_d.jpg

外側と同じように内側も段々フリルにしました。
スカートの中の空間を埋めて、広がりを保つ目的です。


この水玉フリルは
シュシュ(人間用の髪飾り)を崩したものです。
色鮮やかに密集した薄いフリルに一目惚れしました。

drop_water_e.jpg

どういう構造なのか、見ただけでは
よくわかりませんでしたが、

drop_water_f.jpg

中のゴムテープを切って伸ばしてみると
リボンの両端に、同じリボンのタックフリルのついたものが
表と裏、各1mずつ、合計2mもありました。


フリルをそのまま利用するために、フリルの上端ギリギリをミシンステッチしてから
中央のリボンから外しました。

drop_water_g.jpg

そのフリルを、スカートの土台(C字型にカットしたオーガンジー)に
重ねていきました。

drop_water_h.jpg




これは、ジェニー用ドレスの作り方と型紙が載っている本です。

jenny_dress_book_a.jpg

身近にあるものを材料として使ってみよう という趣旨の内容で
いろんなアイディアと工夫が詰まっています。

jenny_dress_book_b.jpg

こういう写真を見て、シュシュをスカートに、というのを
一度やってみたいと思いつつ、なかなか機会がなく
今回やっと念願かないました。

「なかなか機会がなかった」というのは、シュシュそのままを穿くだけだと

drop_water_j.jpg

こんな風に、やはりちょっと不自然になるので、手を加える必要がある…
(ジェニーのように細身なら、大ぶりなフリルも様になったりするのですが)
そこが何となく億劫で、「いつか」と思いながらも先延ばしになっていたのでした。



最後に、シュシュから作ったドレスとシュシュの記念写真。

drop_water_i.jpg








スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/230-4652f801
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ