1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

ビーズ編みのビキニ

シームレス素体、HOT STUFFボディ用の衣装に初挑戦しました。

hs_beads_bikini_a.jpg

色移りしない素材で、着脱がラクチンで、継ぎ目のないボディラインが映えるような…
と考えて、まずはビーズ編みから始めてみました。


ブラトップはホルターネック。
ショーツはシンプルなT字型の周囲に、赤いスカートがついたような形です。

hs_beads_bikini_b.jpg

ネックレスのマットゴールドと、胸を覆っているマットシルバーのビーズは
直径2mm、高さ1.5mmの丸小ビーズです。

hs_beads_bikini_c.jpg

ちなみにモデルのヘッドは、sweet marble様の作品です。


hs_beads_bikini_d.jpg

ショーツのT字の横棒に相当する部分には丸小ビーズ、縦棒に相当する部分には
もっと小さい極小ビーズ。その周りを囲むのは、赤い竹ビーズとドロップビーズです。

hs_beads_bikini_e.jpg



衣装を作ってみて初めて、この素体について判ったことがありました。
押せばへこむ柔らかい材質なので、今回のように伸縮しない構造のショーツでも
無理なく穿かせることができるということ。
また、すべりが悪いために、ぴったり嵌めたビーズのリングが落ちてこないのも
発見でした。

ショーツの材料にビーズを選んだ理由のひとつに、すべりの悪い素材だから
その上を回転するビーズにすれば穿かせやすかろうという思惑もありましたが
これも見当外れでした。体の方がへこんでスムーズに穿けました。


この素体について新たに判ったことは他にもあります。
何もしなくても、ものすごくホコリが寄ってくるということです。
このことは説明書にも書いてあり、素材の性質上、仕方のないことだそうです。
そして説明書どおり、ぬるま湯と中性洗剤で洗うと、すぐキレイになります。
しかし、乾いたらすぐにホコリが寄ってきます。

もうあまり気にしないことにして、撮影直前に洗えばいいかなと
そんな風に思いました。






スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/251-83c7bab0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ