1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

ダイヤ柄の帽子

これ、

zeppeli_a.jpg

このダイヤ柄の帽子を、

zeppeli_b.jpg

真似して1/6で作ってみました。

zeppeli_g.jpg


普通の柄なのに、いざ探してみるとやっぱり同じのは見つからなくて
この市松柄のサテンで代用することにしました。
バイアス(斜め)に引っ張って裁てばダイヤっぽくなります。

zeppeli_c.jpg

薄くて柔らかい生地なので厚手の接着芯を貼ってもベコベコになるかと思い、
代わりに熱接着フェルトを使うことにしました。


これがフェルトの全パーツです。芯にする分と、裏から貼る分、
トップクラウン(小さい丸)、サイドクラウン(長方形)、ブリム(ドーナツ型)各2枚。

zeppeli_d.jpg

ブリム(ドーナツ型)は2枚とも黒でいいのですが
ありあわせでやったので芯にする方がグレーになってしまいました。
しかし見えない部分なので問題なしです。


芯のフェルトを布でくるんで、アイロンで圧着。

zeppeli_e.jpg


裏面から更にフェルトをアイロンで圧着。

zeppeli_f.jpg

これを組み立てて帽子の形にします。ミシンは入らないので手縫いです。
裏に貼るフェルトは芯より、ひとまわり小さめにしています。
各パーツを組み合わせたときに重なる箇所の、厚みの分です。


グレーのサテンは市松柄が正方形でなく長方形のため、
バイアスに使ってダイヤ柄にすると、少しずつ柄が斜めに流れて
長方形のサイドクラウンの上下に柄を合わせると左右(後ろの接ぎ目)が合わず
左右を合わせれば上下がズレ…といった具合で、どちらかを諦めなければ
なりませんでした。

この帽子は1/6ながら、お人形にかぶせるよりは置物のような感覚で作りました。
そんな理由もあり、かぶせるとブリムの裏のフェルトが見えちゃったりして
あまり美しくないです。

とりあえず気になっていたものを形にできたので気は済みましたが、
いつか白黒のダイヤ柄の生地に出会えたら、もう一度チャレンジしてみたいです。

zeppeli_h.jpg

モデルはCG ver.1.5のキューティーハニーです。






スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/273-439c64ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ