1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

着物風ドレス

マーメイドラインの着物風ドレス2点。

kimono_dress_mermaid_a.jpg

衿と袖は和風、身頃とスカートは洋風です。

kimono_dress_mermaid_b.jpg

ゆったり羽織って衿元もルーズに。

kimono_dress_mermaid_c.jpg


足元は太腿までのロングブーツ。

kimono_dress_mermaid_d.jpg

帯は金襴の帯地です。

kimono_dress_mermaid_e.jpg

帯揚げはベロア。帯締めは太めのコード。

kimono_dress_mermaid_f.jpg

帯揚げと帯締めは、帯本体に縫いつけています。
本当は、どちらも帯とは別にして、それぞれ帯の上から締めた方が
着付けが安定しますし(どうしてもマジックテープだけだと剥がれやすいので)
いろんな組み合わせも楽しめるのですが、同時に着付けが煩雑にもなってしまう
というデメリットもあるため、着付けの簡略化を優先して、このように
全部ひとまとめにしました。


ドレス全景、後ろから見たところです。

kimono_dress_mermaid_g.jpg

身頃はウエストを絞り、スカートの裾は丸く広げました。



ドレスは半裏仕立てにしました。

kimono_dress_mermaid_j.jpg

外から見える部分にはサテンの裏をつけ、あまり厚くしたくない部分は抜きました。


下は、振り(袖の内側の大きく開いている部分)から覗く襦袢の袖をつけたところです。

kimono_dress_mermaid_k.jpg

細長く裁ったオーガンジーを輪っかにしてから二つ折りにして、縫いとめています。



衿の内側には半衿。

kimono_dress_mermaid_h.jpg

衿と伊達衿を一体化、重なりを最小限にして、着付けの手間も簡略化しました。
伊達衿(青い部分)はシャンタン、半衿(白い部分)はサテンで、
どちらも薄めの接着芯を貼っています。


今回のドレスには「ちりめんジャガード」という生地を使用しました。

kimono_dress_mermaid_i.jpg

ちりめんの中に光沢のある文様が織り出され、その上に花柄がプリントされています。
薄く軽く、美しい布です。



スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/274-95b2f90b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ