1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

過去の帽子画像

バッグに引き続き、以前のブログに載せていた
帽子の過去画像を再掲します。


まずこれは、ドロンジョ様のために作ったドクロづくしです。

scull.jpg

バッグの留め金部分とチョーカーのチャームは人間用ピアスから取ったパーツ。
帽子のトップクラウンはモチーフレースです。
ブリムに載っている大きな巻きバラは出来合いだったと思います。



実写映画『ヤッターマン』を観た後に作ったキャスケット2種。

casquette.jpg



映画『ブーリン家の姉妹』を観た後に作ったヘッドドレス。

head_dress.jpg

厳密には帽子じゃないかもしれません。
フェルトをサテンで包んで、ワイヤーも入れて
ビーズとコード刺繍で飾ったものです。



こちらはミニハット。

mini_hat.jpg

頭にかぶるのではなく、ちょこんと載せる、
普通の帽子より小さい帽子です。500円玉硬貨と並べると
そんなに小さくもないのに、作るのは大変だったと記憶しています。



ブリムにベールをかぶせたキャノティエ。

mourning_hat.jpg



トップクラウンとサイドクラウンの間にベールを挟んだトーク帽。

toque.jpg



ベロアとチュールの組み合わせ。

velvet_hat.jpg



4枚はぎのチューリップハットにビーズ編みの花。

tulip_hat_surface.jpg

内側は、緑がかった薄茶色のサテンに同色オーガンジーを重ねて
微妙な質感の変化が面白かったのですが、あまり写真ではわかりません。

tulip_hat_back.jpg



別珍の帽子にインドビーズの飾り。

velveteen_hat_b.jpg

四角いビーズは、硬いフルーツゼリーにオブラートを貼ったような色で
好きだったのですが、なかなか活躍する機会がありませんでした。

velveteen_hat_a.jpg

この帽子は、サイドクラウンの高さを表と裏で変えて(表地は高め、裏は低め)
裏に対して余っている表の別珍を、たたんだり伸ばしたり、形を変えられる
そんな帽子でした。




もう一種類あります。
スエード風の合成皮革で作ったテンガロンハットです。

ten-gallon_hat.jpg

一文字隼人のイメージです。
この型紙は気に入ったので、同じ帽子を
いくつか同時につくったことがありました。

mass_production_hat_parts.jpg

mass_production_hat_sewing.jpg

mass_production_hat_complet.jpg


以下の写真は新たに撮ったものです。
上と同じ型紙のテンガロンハット。

snake_ten_gallon_hat_b.jpg

先日、過去のバッグの写真を見たときに、「大きさがわかりにくい」と感じ、

snake_ten_gallon_hat_a.jpg

じゃあ、と帽子を10円玉と一緒に撮ってみましたが
帽子はバッグと違って、だいたいヘッドぴったりに作るものなので
比較対象がなくても、大きさはわかりやすいですね。
10円玉、あまり意味がありませんでした。










スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/471-2f325c82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ