1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

二部式の着物

シームレス素体用に、着脱しやすい正絹の着物です。

beige_kimono_c.jpg

上下を分けて、さらに上衣を左右に分けています。
半衿(ピンク色の部分)は、上衣の左側に縫いつけています。

帯留めは洋風デザインのボタンです。

帯に使用したのは、蛇腹のように凹凸のある、面白い質感の化繊です。

beige_kimono_d.jpg

帯結びは角出し風の形で、帯揚げ(深緑色の部分)と帯締め(紫色のヒモ)を
縫いつけて固定しています。



広げたところです。

beige_kimono_e.jpg

この写真ではわかりにくいですが
上衣の背中もマジックテープで開くようになっています。

裏布には、梨地ジョーゼットを使用しました。


こちらは、袖をひっくり返した状態です。
ふたつのうち上側は、襦袢を着ているように見せかける袖の振り(薄ピンクの部分)を
つける前。下側が、それをつけたところです。

beige_kimono_a.jpg

この裏布のつけ方は、和裁的には完全にインチキで
洋裁の「見返し」のような考え方です。

裏のつけ方、各所の処理など
毎回、だいたい同じような方法でやっているのですが、
一応写真を撮っておきました。


今回の着物には、アンティークの着物地を使用しました。

beige_kimono_b.jpg

古い着物をほどいて平らな布地にして、売っているものです。
傷んでいる箇所を避け、できるだけ綺麗な部分を選んで裁ちました。







スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/553-4a71cfda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ