1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

複写 2002年 ハリケン編

古い写真が出てきましたので掲載します。
紙にプリントしたもの(この時点で既にボヤけています)を複写したので
画質は悪いです。


まず、水忍の忍(しのび)ジャケット。

2002_hariken_c.jpg

モデルのヘッドはタカラの綾波レイ、ボディはフォトジェニックジェニーの
ナチュラルボディです。

ナチュラルボディとは関節の見えないシームレスのボディなのですが
なぜ長袖の服に(着脱が面倒な)このボディを使っているのかは不明です。
デフォルトのボディ(旧リカママ)が小さすぎると感じたのかもしれません。



ハリケンブルー。
マスクは作れないので衣服だけです。

2002_hariken_d.jpg

ワンピースと手甲で、別の種類の合皮を使っているようです。
おそらく、ワンピースには伸縮しない合皮、手甲は伸縮性のあるエナメルです。
手首が外れないボディに着付けるために、手甲は内側で開閉するようになっていて
それで手甲は伸縮する素材が適していると判断したのではないかと推測します。

オリジナルと違う素材である合皮を使った理由は、たぶん
似た色の生地が、これしか見つけられなかったのだろうと思います。
胸のマークは、どうやったのか憶えていませんが
画質が悪いおかげで誤魔化せているだけで、たぶん実物はチャチだったと思います。
これの現物が、どこへ行ったかも不明です。
出来がイマイチでも、苦労して作ったものは、そうそう捨てたりはしないと思うのですが…
もし、どこかに現存していたとしたら、合皮が劣化してダメになっているかもしれません。

モデルはタカラのミサトさん。
ボディは手の形から推測するに、デフォのエイティーンジェニーではないかと思います。

記憶が曖昧で、つい「と思います」が続いてしまいます…



ウェンディーヌ。
頭部のかぶりものは作れないので衣服だけ。

2002_hariken_b.jpg

稚拙ながら、頑張ってるな…と思います。
今ならもっと上手くできそうな気もするし、その一方で
もうこんな大変なことできない、という気もします。
当時は資料が乏しく、細部が正確じゃないかもしれません。

モデルのヘッドはタカラのミサトさん。ボディは
肘や手首の曲がり具合からして、スーパーアクションジェニーか
またはダイナマイトボディと思われます。



フラビージョ。
頭部のかぶりもの全体は再現できなかったものの
アクセサリーだけ、できる部分だけ作っています。

2002_hariken_a.jpg

これも上のウェンディーヌ同様、
よくやったなぁ…と、感心するような呆れるような、そんな感想です。

モデルはマーミットのアスカです。


最後は兄者の忍ジャケット。
バイク用で割と普通にあるデザインです。

2002_hariken_e.jpg

モデルはミサトさん。ボディはダイナマイトボディ。













スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/554-f9315526
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ