1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

複写 2000年前後 その他コスプレ編

まだ続きます。

1999年、ナウシカ。

1999_costume_a.jpg

下から煽るような撮り方からして、上半身(帽子とか胸のあたりとか)に自信がなく
自信のないところは遠くにやってしまいたい感じがよく出ています。

使用素材の淡いブルー、濃いブルー、オフホワイト、すべて綿ジャージーです。
モデルはマーミットの綾波レイ、可動タイプのボディです。

こちらもナウシカ。

1999_costume_b.jpg

同じ形の色違いで、素材は綿ジャージー。
胸の紋章はフェルトです。
モデルは2体ともマーミットの綾波レイ。手前の笑顔は転校生バージョン。


クシャナ殿下。

2000_costume_g.jpg

頭飾りは、適当に切り抜いたボール紙にフェルトを貼って、布でくるんで
その上からビーズ刺繍だと思います。
服の方は、針を刺しやすいようなストレッチ生地に、下からスパンコール刺繍。
結構な量のスパンコールを使ったと思います。
途中で足りなくなって更に買いに行ったかもしれません。
モデルのボディはエイティーンジェニー。


2001年、サファイア姫。

2000_costume_a.jpg

帽子や、その上の飾りは実際にはどんな形なのか?ずいぶん悩んで
結局、帽子は平たいブリムのキャプリーヌになり、飾りには
市販のハート型プレートにリボンを縫い付けてお茶を濁すことにして
あんまり似せられなかったなぁと思い、この記念写真にも、あまり写っていないのです。
帽子の黄色と、ブラウスの青い部分は別珍です。

モデルはタカラの綾波レイ。

2000_costume_f.jpg

こちらはオスカル様です。

2000_costume_e.jpg

上のサファイア姫と「対」になるものです。
翌年の2002年は午年で、馬→白馬→男装の麗人!
こんな連想でした。

久々に見入るとヒドイですが、恐ろしいことに当時は自信満々で
お人形と無関係な人にまで、この写真の年賀状を送っていました。

サファイア姫とオスカル様を構成する色は、青、白、黄色、そしてアクセントに赤。
材料も一部共有できました。


モリガン。

2000_costume_d.jpg

髪飾りと翼はフェルトだと思います。
モデルのヘッドはミサトさん、体はダイナマイトボディ。


映画『フィフス・エレメント』に出てくる人の制服2点です。

2000_costume_b.jpg

上の水色はサテン、下の濃い青はストレッチ生地に接着芯を貼って伸びなくしたもの。

2000_costume_c.jpg



この2点は2003年のものです。
『ONE-PIECE』の女性キャラふたりが着た踊り子の衣装。

2003_costume_a.jpg

ジョーゼットとサテンをメインに、レースやコードで飾りつけしています。
絵に似せるために、いろいろ無理なことをしています。
上のスカートのウエストには、ゴムレースのゴム部分を半分に折って
インサイドベルトにかがっています。こういうことは普通やりません。

2003_costume_b.jpg

上4点の体はボークスのエレガントボディです。






おまけ。
オスカル様のジャケットが残っていました。
Oscar_a.jpg

ベースの青は別珍、そこに市販のブレード3種類をかがっています。

肩の飾り(エポーレット)もブレード使用で、周囲を金色のビーズで囲んでいます。
ビーズは経年で酸化し、黒ずんでしまいました。

Oscar_b.jpg


こういったブレードは、かがるだけで一気に華やかになる便利なアイテムなのですが
ハサミを入れたそばからパラパラほどけて、小さい服には扱いが難しいところもあります。









スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/556-8158af8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ