1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

狩衣と被布

オーガンジー共布総裏の狩衣と被布(ひふ)です。

kariginu_a.jpg

インナーは簡略化した洋風です。



ドロンジョ様が着ているのは、オーガンジーの狩衣、
サテンのブラウス、シャンタンにジョーゼットを重ねたパンツ、
そして立烏帽子のセット。

kariginu_b.jpg


立烏帽子は、薄手の黒い接着芯を白い厚紙に貼って作りました。

kariginu_c.jpg

黒いタテ糸とヨコ糸の隙間から白い地が透けます。


紫色のブラウスは、袖のみ同色のジョーゼットで裏をつけました。

kariginu_d.jpg



ルビィが着ているのは、オーガンジーの被布、市松柄サテンのブラウス、
花柄ギャザースカートのセットです。

hifu_a.jpg


被布の衿ぐりは小さめ、衿は大きめです。

hifu_c.jpg

房飾りは組紐にしたかったのですが、小さすぎてうまく結べず
曲げたコードを糸で縫い留めて、中心にドロップビーズを入れました。



スカートは柄物生地でミシン目が目立たないので
裾は普通にミシン縫いにしました。

hifu_b.jpg

やや後ろが長めになっているスカートです。



インナーのブラウスです。
着ぶくれ防止のため、ぴったりサイズの身頃で丈も短くしてあります。

kariginu_e.jpg

身頃はタイトにしつつも重ね着しているように見せようと、衿だけ重ねましたが
上着に隠れて、ほとんど見えないのでした。



狩衣の前身頃は、着付けを簡単にするために
帯を縫いつけてしまいました。

kariginu_f.jpg

狩衣と被布ともに、地縫いは普通のミシン糸、手縫い部分は透明糸を使いました。

hifu_d.jpg

裁断には、ほとんどハサミを使わず「手で裂く」という方法を用いました。
衿周り以外ほぼ直線ですので、幅だけ測って思いきり裂いてからアイロンがけし、
モヤモヤをならします。
裂くことで裁ち線の境界が曖昧になり、透ける生地の縫い代が目立たなくなります。









以下、今回の資料です。
まず基礎知識、辞典から当たります。

kariginu_g.jpg

kariginu_h.jpg

kariginu_i.jpg
文化出版局『服飾辞典』より



この本は、構造がわかりやすくて、とても参考になりました。

kariginu_j.jpg
日本ヴォーグ社 加藤福代・加藤寿子作品
『わたしのドールブック ジェニーno.13 十二単と花嫁衣裳』より






ふと、犬夜叉が着ていたのも狩衣だったかな?と思い出し
確認してみましたが、これは「水干(すいかん)」を
「垂領(たりくび)」という方法で着付けしているように見えますね。
勾玉の首飾りもステキです。

suikan.jpg
小学館 高橋留美子『犬夜叉』21巻より




下の2点は被布の資料です。
被布は現代でも着られているので
割と把握しやすい部類です。

hifu_e.jpg
文化出版局『服飾辞典』より



hifu_f.jpg
世界文化社『ひと目でわかる きもの用語の基本』より







今回、狩衣に初挑戦でした。
オリンピックの羽生くんフィーバーに釣られて、久しぶりに
映画『陰陽師』を観た影響です。
この映画では、狩衣姿の主人公が、軽やかに舞う姿が見られて
とてもわかりやすいです。















スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/704-5e328be0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ