1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

尼僧2種

時代劇でよく見る、この頭巾。
一度つくってみたかったのです。

Nun_a.jpg

この頭巾の名は「袖頭巾」。
着物の袖の形をしているから、というのが名前の由来だそうですが
要は、シンプルな筒形です。


頭巾の下は、普通の小袖でもよかったのですが
せっかくなので僧っぽくしてみました。

Nun_b.jpg

黒い着物は「直綴(じきとつ)」というものです。
腰から下がプリーツになっているのが特徴です。

Nun_c.jpg

直綴のデザインには様々あり、宗派によっても違いがあるそうで
つまり正解は一つじゃないので、基本だけ押さえて、あとは
プリーツの形状や本数などは、自分でやりやすいように決めました。

Nun_d.jpg

直綴の生地は、正絹の和服地で、黒地にラメ入りです。
下の白い着物は、木綿の小袖です。



袖頭巾は、すっぽりかぶるだけで姿が完成するように
着付けを簡略化しました。

Nun_e.jpg

グログランリボンの輪っかに頭巾を縫いとめて固定し、
顔の両脇にくる部分には、熱接着フェルトの芯を入れて張りをもたせ、
下の中央を、たたんで縫いとめています。

シンプルな形の頭巾ですが、着付けをシンプルにするために
見えない部分に細工が必要で、結果的に複雑な構造になってしまうのでした。




尼頭巾つながりで、もう1点。
修道尼(修道女)のセットも作りました。

Nun2_a.jpg

この頭巾は「ウィンプル」という名前だそうです。

色やデザインに様々なバリエーションがあり、
宗派によって違うのか?所属団体によって違うのか?
そのあたりは不勉強にて、よくわかりませんが
一番興味のあるデザインに挑戦しました。

Nun2_b.jpg

形を保つため、前端の部分に硬めのワイヤーを入れています。

ベールの下は、本来は頭部を完全に覆うようですが、
着脱をラクにするためと、髪を出せるようにする目的で
後ろに開きを作ってあります。

Nun2_c.jpg



ウィンプルの内側です。

Nun2_d.jpg

スポーツ用ヘッドギアのようなものに、上からベールを載せたような構造です。
着せ替え人形用にアレンジしていますので、本物とは違います。






スポンサーサイト

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/730-5ad67c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ