1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

ロココ調

ツイードとジョーゼットの膝上丈ワンピース。
ローブ・ア・ラ・フランセーズのイメージです。

rococo_a.jpg



フラウンスをつけた袖は、ハンドパーツを外さなくてもいいように
袖口を気持ち広めにしています。

rococo_b.jpg



身頃につける前の、平たい状態の袖。
下の方の記事にあるクールガール用ブラウスでは
袖口のラインを直線に、フラウンス側の前面を短めにしましたが
今回は袖口の側にカーブをつけて、フラウンスは直線裁ちにしました。

rococo_c.jpg



これは紙の模型です。
写真左側が通常の袖口の形。右側が斜めに裁った袖口の形。

rococo_d.jpg

袖口を直線にするより斜めにした方が、開きが大きくなって
袖自体を太くしなくても手を通せるようになります。
(って、模型を作って説明するほどのことでもないですね…)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kisakino.blog52.fc2.com/tb.php/94-2151733c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ