1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

天女 その2

クールガールにも天女のドレスを。
こちらは中国風です。

Celestial_maiden2_a.jpg

ショート丈のブラウスと、ギャザースカートの上に
ベストを羽織り、サッシュベルトを締めています。

Celestial_maiden2_b.jpg

手に持っている造花は、市販品の「梅」です。
本当は「蓮」の方がいいと思いますが、蓮の造花よりも
梅の造花の方が、なぜか蓮に近い雰囲気だったので、こちらにしました。

天衣はワイヤー入りオーガンジーリボンそのままです。

Celestial_maiden2_c.jpg

天女というと、ふわふわ、もやもやしたイメージで
どんな衣装なのか、形を捉えにくいように感じられます。

その、もやもやした感じを実体のある形にしたいと思い
いろいろ悩んだ結果、スカートの裾は、このプリーツレースになりました。
端に太いテグスが入っていて、張りがあります。


冠に見立てた頭飾りには、ブレードを使いました。

Celestial_maiden2_d.jpg

Celestial_maiden2_j.jpg

適当な長さにカットしたブレードを、頭の大きさに合わせて折り、
ワイヤーを巻き込み、頭の形に合わせて曲げ、ビーズで飾りました。

ほつれ止めは木工用ボンドです。
切断したい箇所lにボンドを塗り、乾いてからハサミを入れます。


ルビィが着ているピンク系のセットは
上でドロンジョ様が着ているブルー系のセットと
ほとんど同じで、スカートのレース飾りと、ベストの丈が違います。

Celestial_maiden2_e.jpg

Celestial_maiden2_f.jpg

Celestial_maiden2_g.jpg



ネックレスに使ったビーズです。

Celestial_maiden2_i.jpg

透き通った楕円の真ん中に穴が開いている、珍しい形です。
この形に名前があるかどうかは不明です。



ベストは表布にシャンタン、裏布にストレッチサテンを使った
総裏仕立てで、平面的な形です。

Celestial_maiden2_k.jpg

縁にケミカルレースをかがりました。



ブラウスの身頃は着ぶくれ防止のため、できるだけタイトに。

Celestial_maiden2_l.jpg

身頃はアイボリーのストレッチサテンの上に、
バイアスに裁ったジョーゼットを重ねて1枚として縫製。
袖は、ジョーゼットの袖口を「わ」にして内側へ折り返したものを2枚重ねで
合計4枚重ねになっています。

袖の付け方は、一番外側になる1枚の袖山だけを
袖ぐりと縫い合わせ、シャツスリーブ方式で
身頃脇~袖下を内側まで続けて縫い、袖口で折り返し、
内側の袖山を、外側の袖山の縫い代に手縫いでかがる。
中の白い袖は、身頃に付ける前に袖下を縫って袖口で折り返し
袖山を2枚とも重ね、セットインスリーブ方式で袖ぐりに手縫い
(ミシンが入らないため)。

↑自分でも手順を忘れないよう書き出してみたのですが
わかりにくいでしょうか。



スカートは、裾をプリーツレースで切り替えたアンダースカートと
裾を「わ」にして2枚重ねにしたオーバースカート、
そしてケミカルレースの飾りという構成です。

Celestial_maiden2_m.jpg

臙脂色のレースには、山のてっぺんに大きめのドロップビーズを吊り下げ、
青緑色のレースには、両サイドの梯子の穴に丸大ビーズを入れました。

Celestial_maiden2_h.jpg



以下、今回の資料です。 続きを読む

熱接着レース

カット売りの熱接着レースです。
強い輝きに目がくらんで、つい買ってしまいました。

lace_satin_i.jpg

このレースを使って、サテンのドレスを2点つくりました。


こちらは金と黒の組み合わせ。
ハイウエスト切替の長袖ワンピースです。

lace_satin_a.jpg

レースの上に、ところどころ同色の熱接着スタッズを貼っています。
よく見ると刺繍が薄い部分があったり、糸が切れていたりする部分があったので
その補強です。

lace_satin_b.jpg

ヘッドドレスは、「フレンチ・フード(French hood)」と呼ばれる被り物を
見よう見まねで作ってみたものです。

lace_satin_d.jpg

被り物は、頭を覆うヘッドギア部分と、その上に載せる三日月型の飾りと、
その間に挟むベールで構成されています。

lace_satin_c.jpg

三日月型のフチはコードとビーズ刺繍、
裏面は、メタルレースで飾りました。
ベールはジョーゼットを裁ち切りにして、二つ折りにしたものです。


こちらは、白やアイボリーと銀色の組み合わせ。
マーメイドラインのロングドレスです。

lace_satin_e.jpg

使用している各材料の種類と、ヘッドドレスの形が
上の「黒」と共通です。

lace_satin_g.jpg

ベールが淡色なので、中のヘッドギアが
少し透けて見えます。

lace_satin_f.jpg

内側は、こんな感じです。

lace_satin_h.jpg

ヘッドギアと三日月、それぞれ
できあがり寸法に切り抜いた熱接着フェルトを布でくるみ
裏面に、ひとまわり小さく切り抜いた熱接着フェルトを貼りました。
拡がり防止のため、三日月の下側にワイヤーを入れています。















プリント木綿ワンピース

大胆なプリント柄の木綿で、ワンピース2種。

cotton_print_one_piece_l.jpg


パッチワーク用にカットされた生地、色違い2種類を使いました。

cotton_print_one_piece_j.jpg

柄が大きいので、どの部分を、どのように使ったら、どうなるのか
考え始めたら迷って決められず、それだけで何時間も経ってしまいました。



最終的に決めたのは、大きな水玉の列を
身頃の中心とスカートの中心にもってくる使い方と

cotton_print_one_piece_a.jpg

cotton_print_one_piece_d.jpg


曲線と直線をメインにする使い方でした。

cotton_print_one_piece_e.jpg

cotton_print_one_piece_h.jpg



身頃の縫合が終わり、スカートをつける前の段階です。

cotton_print_one_piece_k.jpg

できるだけ左右のバランスがとれるように気をつけましたが
よく見ると少しずつ違う模様も面白いです。






オーガンジーの花

オーガンジーの花を、ピンクのオーガンジー生地で挟んだ
ホルターネックのミニドレスです。

organdy_flour_a.jpg

ドレスの形は、ダーツや切替のない一枚仕立ての平面です。

襟はワインレッドのシャンタン。
同色のサテンリボンを飾りました。

上着はベージュのフェイクファーです。

organdy_flour_b.jpg



こちらは、上と同じ種類の白いオーガンジーで
同じ花を挟んだ膝丈ギャザースカートです。

organdy_flour_c.jpg

オーガンジーを長方形に裁ち、裾を「わ」にしています。

organdy_flour_d.jpg


これが、オーガンジー生地に挟んだ花です。
ワインレッド、ベージュ、ピンクの3色で、
大きさは2種類あります。

organdy_flour_e.jpg

この花は、ずいぶん前に購入し、大切なあまり、
しまい込んで忘れていたものでした。
もし合皮だったら経年劣化でダメになるくらいの年月です。
きれいなまま保存されていてよかったです。














今年の魔女

あっという間に、もう10月もおしまいです。
ハロウィンに合わせて、やりたいことが色々あったのですが
時間切れのため、今年は、ハロウィンに限定しないで
オールシーズンいけそうな魔女を目指したドレス2点です。

witch_2017_a.jpg

ゲーム版アイスが着ているのは、ホルターネックのレオタードに
スクエアネックのロングドレスを重ねたセットです。
帽子には、ブリムに毛足の長いフェイクファーを載せました。

witch_2017_b.jpg

胸元の四角いラインストーンは、人間用ピアスです。

そして、ほうき。
これは100円ショップの「セリア」で見つけました。

witch_2017_c.jpg



2点め、ルビィが着ているのはミニ丈のドレスです。
帽子と胸元のラインストーンが共通です。
こちらの帽子は、綿レースとサテンリボンで飾りつけしました。

witch_2017_d.jpg

ワンピースは、腕の上を通る広めの胸ヨーク切替で
ヨーク部分はストレチネットです。
切替線に、広めのフリルを挟みました。

witch_2017_e.jpg

このような切替とフリルの使い方は、最近よく街で見かけます。
一度やってみたかったのです。










前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ