1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

金襴ビキニ

節分が近いので、トラジマ柄のビキニを。

kinran_bikini_a.jpg

この生地は、寅年のときの残りです。
もったいなくて取っておいた端切れを、ビキニにしました。

頭のツノにしたパーツは、人間用アクセサリーから取ったもので
ゴムのような質感です。


生地の黒い部分が気になるので、
薄茶色のオーガンジーで全体に裏をつけました。

kinran_bikini_c.jpg


今回のヘッドは、クールガールの「ディオ」です。
とても色が白くて、クールガールのボディに合わせにくかったのですが
このファイセンの色白ボディにピッタリ合いました。

kinran_bikini_b.jpg










袖無し

ファイセンの色白素体に、
クールガールのヘッドを合わせてみました。
CG-06、くノ一「アスカ」です。

sode_nashi_d.jpg

色味に若干の違いはあるものの、さほどの違和感はありません。

sode_nashi_b.jpg


さて、作った衣装は
くノ一風の袖なし着物です。

sode_nashi_a.jpg

表地は、正絹の着物地ですが詳細は不明です。

帯は、青海波文様のラメ生地で
後ろで一文字に結びました。

sode_nashi_c.jpg

着物には、色移り防止のためピンクのシャンタンで裏をつけました。

sode_nashi_e.jpg










片身替りの着物

かんたん着付けのツーピース着物を
片身替りで作りました。

katamigawari_a.jpg

同じプリント木綿の色違いで2色、
半衿と帯は共通です。


半衿はシーチング、帯はカツラギです。

katamigawari_b.jpg

帯結びは角出し。

katamigawari_c.jpg

katamigawari_d.jpg

katamigawari_e.jpg



裁断前の生地です。

katamigawari_f.jpg

一枚の布地の中にプリントされた、異なる文様を
そのまま片身替りとして利用しました。

このプリントは『変り縞水玉文様』という名前だそうです。


























オーガンジーの振袖

オーガンジーで着物を作りました。
体の凹凸に合わせた立体的な構造でなく
本物の着物のように平面的なつくりです。

organdy_furisode_b.jpg

この写真では、前を隠すため
衿の合わせを浅めにしているので
腰の脇がふくらんでいますが
きっちりめに巻けば、タイトにも着せられます。



地縫いはミシンで白い糸を使い、
まつり縫いには透明糸を使いました。

organdy_furisode_a.jpg

着物に使ったのは、透明度の高い
『グラスオーガン』という種類のオーガンジーです。
衿には、透明度の低い別のオーガンジーを芯に入れました。



帯は、赤いストレッチサテンの上に
柄が入ったピンクのサテンリボンを巻いたものです。

organdy_furisode_c.jpg








無題

喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます

本年中に賜りましたご厚情に御礼申し上げます
みなさまにはどうぞよい年をお迎えください
寒さに向かう折からご自愛のほどお祈り申し上げます

平成二十九年 十二月三十一日

kisakino
前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ