1/6スケールの衣類製作

着せ替え人形に関する話題を扱っています。

万華鏡

花柄プリント木綿のワンピース。

kaleidoscope_c.jpg

スカートは6枚はぎのサーキュラーです。

kaleidoscope_d.jpg

こちらは色違い。

kaleidoscope_e.jpg


スカートのパーツを接ぎ合わせたところです。

kaleidoscope_a.jpg

プリント柄の、同じところを抜き出して繋げたら
万華鏡のようになりました。


抜き出す前の生地を、写真に撮っておくのを
忘れてしまったので、その残骸を。

kaleidoscope_b.jpg

このプリントは、左右対称のように見えて実は微妙にズレているという厄介なもので、
円錐型の斜め部分(バイアスなので伸びる)で微調整しながら辻褄を合わせました。





続きを読む

ワンピースとツーピース

粗い質感のラメ入り生地で2点です。

こちらは伸縮しない織り生地のワンピース。

pink_one_piece_a.jpg

白とピンクの糸が5本ずつ束で織られていて
可愛らしい色合いながら、ハサミを入れたそばからバラバラほどけてくる
恐ろしい生地でした。
この生地を使うのは二度目だと思うのですが、やっぱり難易度が高めでした。

pink_one_piece_b.jpg

ほつれ止めにはピケの他、要所要所に伸び止めテープを貼り
全体に裏をつけて補強しました。

pink_one_piece_c.jpg

どんでん返し仕立てです。


こちらはニットで、ボレロとチューブドレスのセットです。

red_two_piece_a.jpg

このセットは裏なしです。

red_two_piece_b.jpg








シースルーチェック

ジャストウエストの膝丈ギャザースカートです。

see_through_check_c_2017040818571593f.jpg

see_through_check_a_2017040818571378a.jpg

see_through_check_b_20170408185712516.jpg

中に、同色のアンダースカートを入れました。

see_through_check_d_20170408185717b27.jpg



このチェック柄の生地は、同じ種類のものを
街で誰かが着ているのや、洋服屋さんで売られているのを何度も見かけました。
布地の種類は膨大にありますし、どんどん新しいのが出ますから、
こういうことは、そんなに多くはないのです。







さくら

桜の花のプリントサテンで、ベアトップのミニドレスです。

sakura_dress_a.jpg

スカートの裾に赤いレース。
中は赤いチュールで膨らませました。

半襟に見立てたピンクのシャンタンはバイアスに裁ちました。

sakura_dress_b.jpg

編み上げのコードを通す金具は丸カン、
見返しは淡いピンクのサテンリボンです。

sakura_dress_c.jpg

この型紙は2度目でした。
前回は、こちら。
「和柄ミニドレス」


桜の花で、もう1点。
綿ローンのハンカチを使ったツーピース式の小袖です。

sakura_kosode_a.jpg

上衣と下衣の重なる部分に、細い帯を締めています。

裏地をつけない単(ひとえ)仕立てで、重ね着しているように見せるのは
半衿だけにしました。

sakura_kosode_b.jpg

この素体用に着物を作るときは、できるだけ肩を動かさず袖を通せるように
背中でも開くようにして、左右に分割した構造にすることが多いのですが
今回は薄い生地を使っているため、開きを作ると、その部分が特に厚くなるのが
あまり見映えがよろしくないと思い、開きは普通の衣服同様、前だけにしました。








サテンの振袖

和柄プリントのサテンで、洋裁仕立ての
ツーピース式なんちゃって着物です。

satin_furisode_a.jpg

帯は、雲立涌文様の帯地。
帯揚げ(紫色の部分)は、バイアスに裁ったシルクオーガンジーを
多めにたたんで色を出したもの。
帯締め(水色の部分)は、メタルのニットコードです。

帯結びは文庫系で、羽を2枚重ねにした形です。

satin_furisode_b.jpg

写真を撮り終えた後になって気づいたのですが、
一番上の写真は、衿元がゆるんで変な風に写っていました。

ここで、着崩れの直し方です。

本物の着物と、お人形用に簡略化された着物では構造が違いますが
ゆるんだときに引っ張る箇所は同じです。

kitsuke_a.jpg

kitsuke_b.jpg
成美堂出版『初めての着付けと帯結び』より


こちらのベージュも、上の桜と同じ種類の和柄プリントサテンです。
帯揚げと帯締めも同じ素材を使っています。

satin_furisode_e.jpg

帯結びの形も同じ。

satin_furisode_d.jpg

上の桜は、ピンクの花に対照的な青い帯の組み合わせでしたが、
こちらは、ベージュと金襴で、溶け込む組み合わせです。



この着物の模様が「雲取り」という名前であることは、今回初めて知りました。

satin_furisode_c.jpg

図案化された雲の中に、様々な模様が入っています。
とても綺麗です。








前のページ 次のページ

FC2Ad

まとめ